2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

先週の解説2

どうも楠本です

ただいま期末テスト対策の真っただ中なので

先週の解説のみさせていただきます

先週の「考えるカラス2」を読んでいない人は

先にそちらをどうぞ


第1問

そもそもなぜ穴から水が出るかというと

ペットボトルの中の水には下向きの「重力」がはたらきます

そのため下に移動したい水が唯一の逃げ道である

穴から出ていくわけです

ようは上からの力によって水が押し出される訳です

ではペットボトルを落下させると上からの力はどうなるのでしょうか?

なんと落下物には上向きに見かけの力というものがはたらき

落下中は無重力状態になります

皆さんもジェットコースターなどで急落下するとき

浮く感覚を味わったことがあると思います

まさにあの状態がペットボトルと水に起こります

すると上からの力がかからないため

4、水は出ないが正解です

無重力を味わいたい人は

Let go 遊園地です


第2問

この問題でまず必要な知識は

中学2年生で習う電流・電圧・抵抗の関係です

直列回路では電流は「電池=左モーター=右モーター」の関係になり

電圧は「電池=左モーター+右モーター」の関係が成り立ちます

モーターの回転に関係があるのは電圧の方なので

左モーターを止めると左モーターで使われる電圧が弱まり

その分、右モーターにかかる電圧が強くなります

よって2、速くなるが正解です

電流の単元は苦手な生徒も多いですが

基本さえ押さえれば中学内容で解けない問題はありません


第3問

まずロウソクに火がついている状態を説明すると

ロウソクの主な成分であるパラフィンが蒸発し

気体となったパラフィンと酸素が化合し燃えています

簡単に言うと、気体のロウソクが燃えているわけです

では火を消した直後のロウソクから出ている煙はというと

まさに気体になったロウソクそのものなのです

よって1、消したロウソクの火がつくが正解です

火が消えたからといって安心はできませんねぇ


前回よりは比較的簡単な問題を用意したつもりですが

皆さんどうでしたか?

ではまた次回をお楽しみに
スポンサーサイト

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

考えるカラス2

どうも楠本です

中学部では本日より2学期末テスト対策が

開始されました

3年生にとっては最後の内申に係わるテストです

気合入れていきます


では本日は皆様お待ちかね?

考えるカラス2をお送りいたします


第1問、穴の開いたペットボトルに水を入れると、水が下向きに流れ出ます。

    このペットボトルを落とすと、水の出方はどうなるでしょう。

豌エ縺ィ繝壹ャ繝医・繝医Ν_convert_20141105175953

1、上向きに出る

2、真横に出る

3、下向きに出る

4、水は出ない


第2問、円盤のついたモーターを電池に直列につなぎます。

    スイッチを入れると両方のモーターが回ります。

    左側の円盤を手で押さえ、モーターの回転を止めると、

    右側のモーターの回転はどうなるでしょう。

2つのモーター

1、変わらない

2、速くなる

3、止まる


第3問、火のついた2本のロウソクの片方を消します。

    すると、消した方のロウソクから白い煙が上がります。

    この煙に火のついたロウソクを近づけるとどうなるでしょうか。

2つのロウソク

1、消したロウソクの火がつく

2、近づけたロウソクの火が消える

3、近づけたロウソクの火が消え、消えていたロウソクの火がつく


さぁ今回も難問を3問用意いたしました

特に第2問は中学生が苦手とする電流の単元です

知恵を絞って考えてみてください

ではまた来週

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

先週の解説

どうも楠本です

先週のブログは読んでいただけましたか

読んでいない人は「考えるカラス」を読んでください


では先週の問題の解説に移りたいと思います

第1問

中学1年生の物質の単元で

ろうそくは炭素をふくむため有機物であり

有機物は燃やすと二酸化炭素と水が発生すると学習しました

また二酸化炭素は空気より密度が大きいため

下の方にたまっていくため下の方の酸素がなくなり

短いロウソクが先に消える

・・・と予想した人は1年生の内容をよく理解できています

ただ残念ながら不正解です

ここで中学3年生で習う『対流』が関係してきます

『対流』とは簡単に説明すると、

温かい流体(気体や液体)は上昇し

冷たい流体は下降するという現象です

身近なものでいうと、ストーブは床に置き、エアコンは高い所に設置します

これは『対流』を利用し、部屋全体を均等に温める(冷やす)工夫です

ろうそくを燃やして発生した二酸化炭素も周囲より温度が高いため

瓶の上部にたまっていきます

その結果上部の酸素が無くなり長いロウソクが先に消えます

『対流』は身近なもので多く利用されているので

ぜひ覚えておきましょう


第2問

これは中学3年生の『慣性』を利用した実験です

『慣性』とは、外部から力を加えなければ

静止しているものは静止し続け、

動いているものは動き続けようとする性質です

だるま落としで、下の段をはじいても上のだるまが動かないのや

バスが急ブレーキをかけると、乗っている人は前に倒れそうになるのが

この『慣性』が関係しています

この実験では台車を動かすと静止していた風船は

静止し続けようとするため、後ろに倒れる

と予想した人が多かったと思います

中3生でなくても自分が台車に乗ったことを想像することができたでしょう

ただこれも残念ながら不正解です

この実験のポイントは「気体にも慣性ははたらく点」と「箱をかぶせている点」と「風船が浮いている点」です

箱の中では空気にも風船の中の気体にも慣性がはたらきます

気体は静止し続けようとするため箱の後ろの方に移動します

ここで大事なのが、風船が浮いているということは

風船の中の気体は空気より密度が小さいということです

このため風船は密度の大きい空気に押し出され

箱の前にたおれることになります

もし風船の中に水などを入れ、箱の天井からつるすと

密度が大きくなるため後ろに倒れることになるでしょう


第3問

この実験は経験をもとに考えると解る問題です

風船の材料であるゴムには伸ばすと縮む性質があります

では大きい風船と小さい風船ではどちらが縮む力が強いのでしょうか

みなさんも一度は風船を膨らませたことがありますね

風船は最初膨らませるのに大きな力が必要です

しかしある程度膨らませると比較的小さな力で膨らむようになります

これは大きくなった風船はゴムが薄くなるため縮む力が弱まるためです

つまりこの実験は小さい風船のほうが縮む力が強いため

大きい風船のほうに空気が移動し

大きい風船がふくらみ、小さい風船がしぼむです


さて、みなさんの仮説はどれくらい当たりましたか

理科は難問を考えることにこそ喜びがあります

ではまた来週

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

考えるカラス

どうも楠本です

『殺人生物』や『皆既月食』と

理科関係の記事が増えそうなので

新カテゴリ『理科』をつくりました

気になる方は過去の記事もチェックしてみてください


NHKの教育番組に『考えるカラス』という番組があります

小中学生向けの理科・科学番組で

毎回身近なものを使い実験をします

理科の実験で大切なことは

観察→仮説→実験→考察を

しっかり子どもたちに考えさせることですが、

この番組は考察をあえて解説しません

実験の結果をふまえ

「ここから先は、自分で考えましょう」で番組が終わります

子供向けの教育番組なのだから・・・と侮ってはいけません

中学理科ならどんな問題でもな僕でも

正答率20パーセント程度で

番組終了後「なんでそうなんねん」と

思わず叫んでしますレベルです


今日は番組内から三問ほど出題したいと思います


第1問、長さの違う2つのろうそくに透明な瓶をかぶせるとどうなるでしょう。

li_thumb.jpg

1、長いロウソクが先に消える

2、短いロウソクが先に消える

3、同時に消える


第2問、台車の上に風船を取り付け、透明な箱をかぶせて前に押すと中の風船はどうなるでしょう。

li_thumb2.jpg

1、後ろにかたむく

2、前にかたむく

3、そのまま


第3問、大小2つの風船の口をパイプでつなぐとどうなるでしょう。

li_thumb3.jpg

1、大きい風船がふくらみ、小さい風船がしぼむ

2、2つの風船の大きさが同じになる

3、変わらない


さぁ何問正解できるでしょうか

ちなみに写真の女性は女優の蒼井優さんです

では解答・解説は次週にしましょう

また来週

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

皆既月食

どうも楠本です

本日10月8日は日本では約3年ぶりの

皆既月食が観測できるそうです

月食とは月が地球の影に入り

太陽の光が届かなくなり欠けて見える現象のことで

部分的に欠けるものを部分食

全て欠けるものを皆既食といいます

皆既月食は月が見えなくなるのではなく

赤い月に見えます


そもそも月は恒星(自ら光る星)ではないので

太陽の光が反射して私たちの目に見えています

そのため太陽・地球・月の位置関係によって

見える月の形は変わっていきます

月の全てが見える「満月」や

半分が欠けて見える「上弦の月・下弦の月」

全てが欠けてしまう「新月」や新月から三日後の「三日月」

新月から次の新月まで約1か月となっています


本日の皆既月食は

18時14分ごろから部分食が始まり

月の左下部分から欠けていきます

19時25分ごろには皆既食が開始し

約1時間赤い月が見えます

8時半ごろから1時間かけ通常の満月に戻っていきます

中学3年生がちょうど理科で天体の単元を学習しているので

興味がある人はぜひ観測してほしいのですが

このブログを見ているときには

終わっているかもしれません

youtubeなどでもアップされているようなので

そちらをご覧ください

ではまた来週

※今(18時20分)空を見てきましたが

雲で月が見えませんでした

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

«  | ホーム |  »

プロフィール

砥部教室

Author:砥部教室
愛媛県伊予郡砥部町にある瀧和塾のブログです。
■━━━━━━━━━━━━■
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃真┃┃剣┃┃勝┃┃負┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

瀧和塾ホームページはコチラ
■━━━━━━━━━━━━■

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (287)
サッカー (17)
たきわさんの大学歩き (3)
ネコ (5)
理科 (6)
数学 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。