2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

日本代表について

どうも楠本です

前回のブログにも書いたとおり

今回は日本代表について

熱く語りたいと思います

※めちゃくちゃ長いので

 サッカーに興味のない方は

 飛ばしてください

まず最初に申し上げたいのは

日本のプロサッカーリーグ

『Jリーグ』が設立されたのは

20年前の1993年

だということです

たとえば最近のコンフェデで

善戦したイタリアのプロリーグ

セリエAは創立1898年

115年も前から

サッカーで飯を食ってる人が

いるということです

日本が勝つことが難しいのは

当然のことなのです

ただ、今の日本は

幼稚園からよい環境の中

選手を育成するシステムが

先人の努力によって

整っています

僕が小学生の時には

なかなか見ることのできなかった

海外のスーパースターのプレーも

簡単に観戦することができます

今後日本代表が世界の大舞台で

活躍する日もそう遠くはないでしょう


では本題に入ります

①南米のチームに弱い

これはそもそもの相性と

経験の問題だと思います

日本のサッカーがお手本としているのは

ヨーロッパのサッカーです

海外組の移籍先もほとんどがヨーロッパ

その多くがドイツのチームに

所属しています

これは決して間違いではなく

現在世界のサッカーの中心は

ヨーロッパであり、

日本人のように献身的な

選手がドイツで好まれているのも

事実ではあります

しかしヨーロッパのサッカーばかりを

学ぶため南米の独特のリズムと

対戦する機会が極めて少ない

それは世界のトップを目指す上では

どこかで見直していかなければ

ならない課題ではあります

ただ今の段階で

そんな贅沢を言ってはいけません


②どうした守備陣

サッカーというスポーツの

守備について考える必要があります

まずサッカーは野球のようにポジションが

決まっていません

チームによってDF(ディフェンス)が

3人だったり、4人だったり

ボランチ(守備的中盤)を置いたりと

さまざまなフォーメーションがあります

またバスケットのように5人全員で攻めて

5人全員で守るというスポーツでもありません

攻めている側はボールを取られた時のために

守備に備える選手がいなければならないし、

守っている側は攻撃に移ったときのために

前線に選手が必要です

そのため近代サッカーでは

選手同士の連携を密にし、

次の攻撃にすばやく移れる

組織的な守備が求められています

ただ今の日本代表は

試合直前に海外組・国内組が集まり

急増で作られたチームだということです

これを解決する方法は2つ

本田選手のいうように『個の力』を高め

短い期間でも各選手が自分の役割を

理解し、こなしていくこと

もしくは監督が何らかの方法をとり

日本代表の守備を確立させることです

ただどちらも簡単な方法ではありません

では海外の代表たちは

どのような方法を取っているのか

1つは国内のプロリーグから

あらかじめ連携のとれた

チームメイトをそのまま持ってくる

という方法です

たとえばイタリア代表なら

ユベントスの選手を

ドイツ代表なら

バイエルンとドルトムントの選手を

イングランド代表なら

マンU・チェルシー・エバートンの選手を

実に理にかなった方法です

もしこの方法を日本で試すなら

現在Jリーグで一番失点の少ない

サンフレッチェ広島とセレッソ大阪の

守備陣を招集してみてはどうでしょう

まぁザックはそんなアホなことはせんか・・・

本田選手のいうように

あと1年間で数多くの国際試合をし

『個の力』を高めていくのが

一番現実味がありますね


③柿谷選手について

6月5日のブログでも書いたように

僕はかなり前から

柿谷選手に注目していました

あれは4年前の夏

徳島ポカリスエットスタジアムで

J2の徳島ヴォルティスの試合を

観戦していた時のことです

明らかに周りとはレベルの違う

動きをしていたのが柿谷選手でした

そのころの柿谷選手は

今では想像できないが

素行が悪く、練習への遅刻を繰り返し

徳島に期限付き移籍されていたようです

去年からセレッソに復帰し

TVでも名前を聞くようになり

あのミスターセレッソ森島寛晃の

背番号8を受け継いだ姿を見たときは

かなり感動しました

今回の代表にも召集されたようなので

今後の活躍が楽しみです

ではまた来週

--------------------------------------------------
 
  ↑瀧和塾ホームページはコチラ

--------------------------------------------------

«  | ホーム |  »

プロフィール

砥部教室

Author:砥部教室
愛媛県伊予郡砥部町にある瀧和塾のブログです。
■━━━━━━━━━━━━■
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃真┃┃剣┃┃勝┃┃負┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

瀧和塾ホームページはコチラ
■━━━━━━━━━━━━■

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (287)
サッカー (17)
たきわさんの大学歩き (3)
ネコ (5)
理科 (6)
数学 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。